2025 スノーモト最新情報
このページは新たな情報が解り次第、内容を訂正し最新の情報に変更します。

2025モデルは全てシートブームがオプションになります。ご希望のお客様は別途お買い求め願います。

シートブームフルキット¥17600

来季2025のフレームは、2024年モデルのキャリーオーバーになります。販売数量少な目です。
定価・販売価格等詳細は解り次第発表致します。


スティングレー限定30本、コアにバンブー(竹)を使用しています。その他詳細は現在未定!


ステイングレーは
カラー変更が行われます。


SHARKフロントボードとESPRIT176のリヤボードの組み合わせ(詳細不明)


その他月光はキャリーオーバー(変更なし/継続販売)

ESPRIT176は、カラーチェンジ(現行オレンジと新発売ネイビー)

新規発売ボード
セッション3:セッションが3に進化し、コンベックス―ロッカーボードとして新発売予定!(オールラウンド系)
チェイサー:スノーモト専用キャンバーボードになります。(カービング系)

Topics:BWS28シリーズにキャンバーボード用を追加発売します。


人気のピュアカービングボード、KATANAボードは製造中止により、在庫限り販売します。
こちらで販売中





新しい情報 5/28

2025セッションⅢ&チェイサー
フロントボードはセッションⅢの方が20㎜短く、フロントのキックはチェイサーの方が低くボードの特徴を表しています。
サイドカーブはチェイサーの方が強くボードのキャラクターを表しています。
セッションⅢは、スティングレーで大評判だった3Dソール(船底)を採用し、軽い操作感を実現している筈です。



リアボードの長さ自体は50mmほどの違いしかありませんが、両ボードで一番違う部分としては、カービング主体の
チェイサーとフリーライドがコンセプトのセッションでは有効エッジ長が約300mmほど違っています。
チェイサーは弱キャンバー形状で、これが圧雪カービングで好みの乗り味を実現している筈です。



全体にどんなスノーコンディションでも乗り易く無難にこなすセッションⅢと、そのサイドカーブやボードシェイプ
・キャンバー形状ですこし癖のあるカービングボードにキャラクター分けされるチェイサーと言う感じですね!
いずれにしろオールラウンドなセッションを更に一段高いステージに引き上げ、月光で味わったサイドカーブにより
気持ちの良いターンを楽しめるチェイサーがとても楽しみです。

戻る