滑走WAXのご紹介
                                                    WAXアウトレット商品はこちら


WAXの必要性
以前に有るお客様から『私はヘタだからWAXを塗り滑りが良くなったらスピードが出て危険だ』と言われた事が有ります。
その時に私はこんな風に答えました。
『切れる包丁で野菜を切るのと、切れない包丁で野菜を切るのはどちらが良いですか?』
つまりいかにコントロール性を良くするかだと思います。ボードが良く滑り、コントロールしやすい場合には、
スピードコントロールが簡単に出来て、結果安全に低速での滑走が可能です。

雪上滑走スポーツにWAX塗布は非常に大事な事です。滑走性能やコントロール性を高め、ボードのソール保護にも
効果が有ります。特にパウダーや春雪には効果が高いです。

以下でご紹介の各アイテムは、スノーモト、スノースクートをはじめ、
スノーボード・スキー他あらゆる雪上滑走スポーツに使用可能です。

WAXで滑走性能を上げて楽しいスノーモトライフを・・・
WAX作業方法は
こちらで確認願います。

送料の安い定形外郵便(銀行振り込み)での発送も可能
@滑り終わったら(汚れたソールの場合)
ブロンズブラシでソールの汚れを掻き出す。(滑走方向に作業する)

ブロンズブラシ



クリーナーをペーパータオル等に浸み込ませて綺麗に拭く(数回の場合も有り)



 AソールがきれいになったらWAXを

液体WAXの場合:ゼネラルスプレーWAX


生塗り:ゼネラルジョーカー


アイロンでHOT WAX 温度に合わせてWAX選び
寒い(ブルー)、オールラウンド(バイオレット)、春(ピンク)、


アイロンでWAXを塗布後ナイロンブラシで余分なWAXを掻き出す



WAXスクレイパー/A ¥748
サイズ:W170mm, H60, T5,
アイロンで塗布したWAXを、削りかすが出なくなるまで削ります。
数量


WAXスクレイパー/B ¥968
サイズ:W340mm, H60, T5,
アイロンで塗布したWAXを、削りかすが出なくなるまで削ります。
数量



ゼネラルスプレーWAX 100ml 特価¥968
数量

汚れを落とし簡単にWAXが可能です。コルクですりこんで下さい。





ゼネラルジョーカー 特価¥1548
数量
WAXを生塗りし、付属のフィニッシュマットで満遍なく伸ばせばOKです。


ガリウム 全雪質対応
General Set 特価¥2516
いつでも・どこでも・どんな雪でもこれさえあれば全てOKです。
数量


ワックス100ml、2Way Cleaner、ミニファイバーテックス、
ミニナイロンブラシ, ミニコルク、Violetミニ、ペーパー、ケース、
持ち運びに便利なケース入り!

WAXの持ちも良く(約1日)本格的なホットワクシング

アイロンは各家庭にあるものでも代用可能です。
※下記表の価格は、消費税率変更に付き金額が違います。

HOT WAX早見表

標高の高いスキー場やハイシーズの低温用:
ブルー
オールラウンド的に使いたい:バイオレット
春雪や温度の高い時:ピンク

※必ず滑走ベースWAX、滑走フッ素WAX、後ブラッシングをして下さい。
滑走ベース
滑走フッ素
滑走高フッ素含有
WAX品番
(-12c°⇔-3c)
SW2074
(-4c°⇔+3c)
SW2075
(0c°⇔+10c)
SW2076
(-12c°⇔-3c)
SW2124
(-4c°⇔+3c)
SW2125
(0c°⇔+10c)
SW2126

ピンク 滑送ベースWAX SW2076 ¥1064
数量

ピンク 滑送フッ素WAX SW2126 ¥1548
数量

バイオレット 滑送ベースWAX SW2075 \1064
数量

バイオレット 滑送フッ素WAX SW2125 ¥1584
数量

ブルー 滑送ベースWAX SW2074 ¥1064
数量

ブルー 滑送フッ素WAX SW2124 ¥1548
数量


UNIX HOT WAX ¥936
数量

ベース+滑走のコンビネーションWAX Set



ガリウム クリーナー SW2103 ¥871
数量


滑走後のソールを綺麗にしてからワックスを塗布し、ワックスの
性能を最大限引き出します。


ナイロンブラシ¥774
数量


ブロンズブラシ¥968
数量




ガリウム Base Wax/100g SW2132 ¥774
数量


アイロンを使用します。滑走後のクリーニング・ベースワックスとして使用できます。
シーズンオフの保管時にも塗布します。

ガリウムワクシングペーパー ¥693
数量


50枚入り
ホットワクシング時に使用すると、ボードソールを高温から保護し、
無駄なくワックスを均一に塗布出来、ワックスを無駄にしません。

生塗り(含むスプレーワックス)の使用方法
簡単な方法としては、雪質に合った固形ワックスを生塗りし、(又はスプレー式)
コルクをかけしっかりと圧着する⇒ナイロンブラシでワックスの膜を極力薄くする
(ストラクチャーの中のワックスは掻き出す) が良いです。勿論先に前回滑走時の
汚れを落としておきます。

ホットワックスの使用方法
新品のボードの場合にはダリング(使わない前後エッジを丸めてエッジの引っ掛かりを防ぐ)をした後に、ベースワックスの塗布⇒スクレーピングを
4〜5繰り返しワックスを浸透させます。その後滑走ベースWAXを塗布⇒スクレーピング⇒フッ素WAXを塗布⇒スクレーピング⇒ナイロンブラシで
ストラクチャー等の余分なWAXを掻き出し完成です。
滑走後はブロンズブラシでストラクチャー内の古いワックスや汚れを取リ除き、更にクリーナーで汚れを取り除き、ベースワックスを塗布⇒スクレーピングで
前回滑走時の汚れを落とし、滑走フッ素WAXを塗布⇒スクレーピング⇒ナイロンブラッシングで完成です。
これで誰でも素晴らしい滑走性能を体験できる事でしょう!
(雪質・季節・雪面温度等により最適なパラフィンワックスとフッ素ワックスを重ねます。その場合気温レンジ/硬さを合わせて下さい。)
アイロン使用時は、必ずワクシングペーパーを使用してソールを熱から保護して下さい。又ワクシングペーパーを使用する事で、ワックスが均一に
塗布出来ワックスを節約する事が可能です。

保管時の注意
シーズン終了時はソールの汚れをきれいに取り除き、ベースワックスをたっぷり塗布し
(エッジにも)ビニール袋等を被せて、できればフレーム取り付けボルト/ビンディングを
緩め(テンションを開放)なるべく高温を避けて次のシーズンまで保管します。

HOME